Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » SQL のダイアレクトと互換性 » SQL ダイアレクト » SQL FLAGGER を使用した SQL 準拠のテスト

 

標準と互換性

データベース・サーバと SQL プリプロセッサで使用される通知機能は、ANSI/ISO SQL/2003 国際標準の第 1 部 (フレームワーク) で定義されている SQL FLAGGER 機能に従っています。SQL 要素の準拠状態を確認するために、SQL FLAGGER では次の ANSI SQL 標準を使用します。

注意

SQL FLAGGER では、SQL/1992 (全レベル) はサポートされなくなりました。

SQL FLAGGER では、Ultra Light SQL に準拠しない文も特定できます。たとえば、Ultra Light では、スキーマ・オブジェクトの CREATE と ALTER 機能が限られています。

SQL 文はすべて SQL FLAGGER で分析できます。ただし、スキーマ・オブジェクトを作成または変更するほとんどの文 (テーブル、インデックス、マテリアライズド・ビュー、パブリケーション、サブスクリプション、プロキシ・テーブルを作成する文を含む) は、ANSI SQL 標準のベンダ拡張なので、準拠しないと通知されます。

SET OPTION 文とそのオプション要素は、どの SQL 標準に対しても、Ultra Light との互換性についても、準拠しないと通知されません。

参照