Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » ストアド・プロシージャとトリガ » プロシージャ、関数、トリガ、イベントのデバッグ » ブレークポイントの活用

 

ブレークポイントの有効化と無効化

Sybase Central の右ウィンドウ枠、または [ブレークポイント] ウィンドウからブレークポイントのステータスを変更できます。

♦  ブレークポイントのステータスを変更するには、次の手順に従います。
  1. DBA 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で、[プロシージャとファンクション] をダブルクリックします。

  3. プロシージャを選択します。

  4. [モード] - [デバッグ] を選択します。

  5. 右ウィンドウ枠で、編集する行の左側にあるブレークポイント・インジケータをクリックします。ブレークポイントがアクティブから非アクティブに変わります。

♦  ブレークポイントのステータスを変更するには、次の手順に従います ([ブレークポイント] ウィンドウの場合)。
  1. DBA 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で、[プロシージャとファンクション] をダブルクリックします。

  3. プロシージャを選択します。

  4. [モード] - [デバッグ] を選択します。

  5. [デバッグ] - [ブレークポイント] を選択します。

  6. ブレークポイントを選択し、[編集][無効にする]、または [削除] をクリックします。

  7. [閉じる] をクリックします。