Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » リモート・データとバルク・オペレーション » データのインポートとエクスポート

 

データのエクスポート

データのエクスポートは、データベースからのデータの書き出しに関する管理タスクです。データのエクスポートは、データベースの大部分を共有する必要がある場合、または特定の基準に従ってデータベースの一部を抽出する必要がある場合に便利です。SQL Anywhere を使用して、次の作業を実行できます。

  • 個々のテーブル、クエリ結果、またはテーブル・スキーマをエクスポートする

  • 複数のテーブルを連続的にエクスポートできるようにするために、エクスポートを自動化するスクリプトを作成する

  • 多くの異なるファイル・フォーマットにエクスポートする

  • クライアント・コンピュータにあるファイルにデータをエクスポートする

  • BCP FORMAT 句を使用して、SQL Anywhere と Adaptive Server Enterprise の間でファイルをエクスポートする

データをエクスポートする前に、所有しているリソースの種類、およびデータベースからエクスポートする情報の種類を判断します。

データベース全体をエクスポートする場合は、パフォーマンスを考慮して、データをエクスポートするのではなくデータベースをアンロードしてください。データベースの再構築を参照してください。

参照

エクスポート・ウィザードを使用したデータのエクスポート
OUTPUT 文を使用したデータのエクスポート
UNLOAD TABLE 文を使用したデータのエクスポート
UNLOAD 文を使用したデータのエクスポート
dbunload ユーティリティを使用したデータのエクスポート
データベース・アンロード・ウィザードを使用したデータのエクスポート
[データのアンロード] ウィンドウを使用したデータのエクスポート
クエリ結果のエクスポート
OUTPUT 文を使用した NULL の出力
データベースのエクスポート
テーブルのエクスポート