Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データのクエリと変更 » クエリ結果の要約、グループ化、ソート » ORDER BY 句:クエリ結果のソート

 

クエリが返すロー数を明示的に制限する

FIRST キーワードまたは TOP キーワードを使用して、クエリの結果セットに含まれるロー数を制限できます。これらのキーワードは、ORDER BY 句を含むクエリで使用できます。

次のクエリは、従業員を姓でソートした場合の最初の従業員に関する情報を返します。

SELECT FIRST *
   FROM Employees
   ORDER BY Surname;

次のクエリは、姓でソートした場合の最初の 5 人の従業員を返します。

SELECT TOP 5 *
   FROM Employees
   ORDER BY Surname;

TOP を使用する場合、START AT を使用してオフセットを指定できます。次の文は、姓で降順にソートした場合の 5 番目と 6 番目の従業員をリストします。

SELECT TOP 2 START AT 5 *
   FROM Employees
   ORDER BY Surname DESC;

矛盾のない結果を得るためには、FIRST と TOP は必ず ORDER BY 句と併用してください。FIRST または TOP を ORDER BY なしで使用すると、構文警告の要因になります。また予期しない結果を生成する可能性があります。

注意

TART AT 値は 1 以上にする必要があります。TOP 値は、定数の場合に 1 以上、変数の場合に 0 以上にする必要があります。