Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データのクエリと変更 » クエリ結果の要約、グループ化、ソート

 

GROUP BY 句:クエリ結果のグループへの編成

GROUP BY 句は、テーブルの出力をグループに分けます。1 つ以上のカラム名によって、または計算カラムの結果によって、ローをグループ化することができます。

句の順序

GROUP BY 句は、常に HAVING 句より前に置いてください。WHERE 句と GROUP BY 句を使用する場合は、WHERE 句を GROUP BY 句より前に置きます。

HAVING 句と WHERE 句の両方を 1 つのクエリに使用できます。条件が HAVING 句に置かれている場合は、グループが構成されたあとでのみ結果のローを論理的に制限します。条件が WHERE 句に置かれている場合は、グループが構成される前に論理が評価されるので、時間が節約されます。

クエリに GROUP BY 句が含まれていると、どのクエリが有効でどのクエリが無効かを判断するのは困難です。この項では、クエリの結果と有効性をよりよく理解できるように、GROUP BY のあるクエリについて説明します。


GROUP BY のあるクエリを実行する方法
複数のカラムを使用した GROUP BY
WHERE 句と GROUP BY
集合関数に伴う GROUP BY の使用
GROUP BY と SQL/2003 標準