Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データベース・パフォーマンスのモニタリングと改善 » データベース・パフォーマンスの改善 » パフォーマンス向上のためのヒント

 

キャッシュ・サイズの拡大

SQL Anywhere では、最近使用されたページをキャッシュに格納します。そのページに複数回アクセスする要求が生じても、また別の接続から同じページが要求されても、そのページはすでにメモリに入っているため、ディスクから情報を読み込む必要がありません。暗号化されていない場合に比べて大きいキャッシュを必要とする暗号化データベースには、これが特に重要です。

キャッシュ容量が小さすぎると、SQL Anywhere はメモリにページを長く維持できず、キャッシュの利点を生かすことができません。

UNIX と Windows では、データベース・サーバによってキャッシュ・サイズが必要に応じて動的に変更されます。それでも、キャッシュは物理的に使用可能なメモリ容量と他のアプリケーションが使用する容量によって制限されます。

ヒント

キャッシュ・サイズを拡大すると、メモリから情報を取り出す方がディスクから読み込むより数倍速いので、パフォーマンスを飛躍的に向上できます。キャッシュを拡大するために RAM をさらに追加するのも無駄ではない場合もあります。

パフォーマンス向上のためのキャッシュの使用を参照してください。