Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » リモート・データとバルク・オペレーション » データのインポートとエクスポート » データのエクスポート

 

OUTPUT 文を使用したデータのエクスポート

OUTPUT 文を使用して、データベースからクエリ結果、テーブル、またはビューをエクスポートします。

OUTPUT 文は、SELECT 文の結果セットを複数の異なるファイル・フォーマットで書き出すことができるため、互換性が重要な場合に役立ちます。デフォルトの出力フォーマットを使用したり、OUTPUT 文ごとにファイル・フォーマットを指定することができます。Interactive SQL では、複数の OUTPUT 文が含まれたコマンド・ファイルを実行できます。

Interactive SQL のデフォルトの出力フォーマットは、Interactive SQL の [オプション] ウィンドウ (Interactive SQL で [ツール] - [オプション] を選択) の [インポート/エクスポート] タブで指定します。

次の場合は、Interactive SQL の OUTPUT 文を使用します。

  • テキスト以外のフォーマットでテーブルまたはビューのすべてまたは一部をエクスポートする場合

  • コマンド・ファイルを使用してエクスポート処理を自動化する場合

データベースに対する影響

OUTPUT 文、UNLOAD 文、UNLOAD TABLE 文のいずれかを選択できる場合は、パフォーマンスを考慮して UNLOAD TABLE 文を選択します。

OUTPUT 文を使用して大量のデータをエクスポートすると、パフォーマンスに影響が及びます。可能であれば OUTPUT 文はサーバと同じコンピュータ上で使用して、ネットワークを介してデータを大量に送信しないようにしてください。

詳細については、OUTPUT 文 [Interactive SQL]を参照してください。

次の例では、SQL Anywhere サンプル・データベース内の Employees テーブルのデータを、Employees.txt という名前の .txt ファイルにエクスポートします。

SELECT *
FROM Employees;
OUTPUT TO Employees.txt
FORMAT TEXT;

次の例では、SQL Anywhere サンプル・データベース内の Employees テーブルのデータを、mydatabase.db という名前の SQL Anywhere データベースの新しいテーブルにエクスポートします。

SELECT *
FROM Employees;
OUTPUT USING 'driver=SQL Anywhere 11;UID=dba;PWD=sql;DBF=C:\Tobedeleted\mydatabase.db;CON=''''' 
INTO "dba"."newcustomers" 
CREATE TABLE ON