Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » リモート・データとバルク・オペレーション » データのインポートとエクスポート

 

バルク・オペレーションのデータ・リカバリの問題

バルク・オペレーション・モード (-b サーバ・オプション) でデータベース・サーバを実行できます。このオプションを使用した場合、データベース・サーバでは一部の重要な機能を実行しません。具体的には、次のとおりです。

関数 影響
トランザクション・ログの管理 変更の記録がありません。COMMIT を実行するたびにチェックポイントが設定されます。
レコードのロック 重大な影響はありません。

また、バルク・ロードしたデータをリカバリ時にも使用できるようにすることが必要な場合もあります。そのためには、元のデータ・ソースを元の場所にそのまま残します。また、LOAD TABLE 文の一部のロギング・オプションを使用して、バルク・ロードしたデータをトランザクション・ログに記録することもできます。LOAD TABLE 文を参照してください。

警告

バルク・オペレーション・モードでは、メディア障害に対してデータベースが防御されないので、このモードの使用前後には、データベースのバックアップを行ってください。

参照