Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » リモート・データとバルク・オペレーション » データのインポートとエクスポート » データのインポート

 

テーブルのインポート

♦  テーブルをインポートするには、次の手順に従います。
  1. データを入れるテーブルが存在することを確認します。

  2. Interactive SQL の [データ] - [インポート] を選択します。

  3. [テキスト・ファイル] を選択して [次へ] をクリックします。

  4. [ファイル名] フィールドで [参照] をクリックしてファイルを追加します。

  5. [既存のテーブル] を選択します。

  6. [次へ] をクリックします。

  7. ASCII ファイルの場合は、ASCII ファイルを読み込む方法を指定して [次へ] をクリックします。

  8. [インポート] をクリックします。

  9. [閉じる] をクリックします。

♦  テーブルをインポートするには、次の手順に従います (Interactive SQL の [SQL 文] ウィンドウ枠の場合)。
  1. CREATE TABLE 文を使用してインポート先テーブルを作成します。次に例を示します。

    CREATE TABLE GROUPO.Departments (
    DepartmentID          integer NOT NULL,
    DepartmentName        char(40) NOT NULL,
    DepartmentHeadID      integer NULL,
    CONSTRAINT DepartmentsKey PRIMARY KEY (DepartmentID) );
  2. LOAD TABLE 文を実行します。次に例を示します。

    LOAD TABLE Departments
    FROM 'departments.csv';
  3. 値の中の後続ブランクをそのままにするには、LOAD TABLE 文中で STRIP OFF 句を使用します。デフォルトの設定 (STRIP ON) では、データの挿入前に、値の後続ブランクを取り除きます。

    LOAD TABLE 文はファイルの内容を、テーブルの既存のローに追加します。既存のローを置き換えるわけではありません。テーブルからすべてのローを削除するには、TRUNCATE TABLE 文を使います。

    TRUNCATE TABLE 文と LOAD TABLE 文は、カスケード型削除のようなトリガの起動や参照整合性に関わるアクションの実行を行うことはありません。

参照