Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データベースの作成 » データベース・オブジェクトの使用

 

外部キーの管理

この項では、使用するデータベースで外部キーを作成したり編集したりする方法について説明します。Sybase Central または Interactive SQL のいずれかを使用して、これらのタスクを実行できます。

外部キーは、子テーブル (外部テーブル) の値と親テーブル (プライマリ・テーブル) の値の関連付けに使用されます。さまざまなタイプの情報とリンクした、複数の親テーブルを参照する複数の外部キーを、1 つのテーブルに入れることができます。

SQL Anywhere サンプル・データベースには、従業員 (employee) 情報が入ったテーブルが 1 つと、部署 (department) 情報の入ったテーブルが 1 つあります。Departments テーブルには、次のカラムがあります。

  • DepartmentID   部署の ID 番号。これがテーブルのプライマリ・キーになります。

  • DepartmentName   部署の名前

  • DepartmentHeadID   部長の従業員 ID

特定の従業員の所属部署名を探せるように、その従業員の部署名を Employees テーブルに入力しておく必要はありません。その代わり Employees テーブルには、Departments テーブルの DepartmentID 値の 1 つと一致する値の入った DepartmentID カラムがあります。

Employees テーブルの DepartmentID カラムは、Departments テーブルに対する外部キーです。外部キーは、対応するプライマリ・キーを持つテーブル内の特定のローを参照します。

そのため、Employees テーブル (関係付けの外部キーを持つ) を「外部テーブル」または「参照元テーブル」と呼びます。Departments テーブル (参照先のプライマリ・キーを持つ) は、「プライマリ・テーブル」または「参照先テーブル」と呼びます。


外部キーの管理 (Sybase Central の場合)
外部キーの管理 (SQL の場合)