Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データベース・パフォーマンスのモニタリングと改善 » データベース・パフォーマンスの改善 » アプリケーション・プロファイリング

 

アプリケーション・プロファイリング・ウィザード

Sybase Central のアプリケーション・プロファイリング・ウィザードを使用すると、アプリケーション・プロファイリングのために診断トレーシング・セッションを自動的に実行できます。このウィザードは、アプリケーションとデータベースとのやりとりに関するデータを収集し、収集されたデータへのアクセスを可能にし、インデックスに関する推奨内容がある場合には表示します。アプリケーション・プロファイリング・ウィザードを参照してください。

Sybase Central のアプリケーション・プロファイリング・ウィザードを使用すると、ウィザードで分析ファイルに指定する名前と同じ名前でトレーシング・データベースが自動的に作成されます。アプリケーション・プロファイリングと診断トレーシング用に作成されるデータベース・ファイルの詳細については、トレーシング・セッションのデータを参照してください。

アプリケーション・プロファイリング・ウィザードを使用して、Windows Mobile で実行しているデータベースのトレーシング・セッションは作成できません。データベース・トレーシング・ウィザードを使用する必要があります。診断トレーシング・セッションの作成を参照してください。

アプリケーション・プロファイリング・モードに切り替えたときにアプリケーション・プロファイリング・ウィザードが自動的に開始されないようにするには、ウィザードの最初のページで [今後、アプリケーション・モードへの切り替え後はこのウィザードを表示しない] を選択します。また、[今後はこのページを表示しない] を選択してウィザードの最初のページが表示されないようにすることもできます。これらの設定は、[ツール] - [SQL Anywhere 11] - [ユーザ設定] を選択し、[ユーティリティ] タブを選択し、適切なオプションを選択することで変更することもできます。

♦  アプリケーション・プロファイリング・ウィザードを使用するには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. Sybase Central を開きます。

  2. DBA 権限または PROFILE 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  3. [モード] - [アプリケーション・プロファイリング] を選択します。

    アプリケーション・プロファイリング・ウィザードが表示されない場合は、[アプリケーション・プロファイリング] - [アプリケーション・プロファイリング・ウィザードを開く] を選択します。

  4. アプリケーション・プロファイリング・ウィザードの指示に従います。[完了] はクリックしないでください。[完了] をクリックするとプロファイリングが終了し、ウィザードが終了します。

    ウィザードは次のことを行います。

    • 診断トレーシング情報を格納するローカル・データベースを作成する。

    • ネットワーク・サーバを起動する。

    • トレーシング・セッションを開始する。

    • プロファイリング対象のアプリケーションの実行を要求するプロンプトを表示する。

  5. アプリケーション・プロファイリング・ウィザードに戻り、[完了] をクリックします。ウィザードが終了したら、結果が表示され、トレーシング・セッション中に収集されたデータを確認できます。

アプリケーション・プロファイリング・ウィザードから返されるインデックスの推奨内容の詳細については、インデックス・コンサルタントの推奨内容の解釈を参照してください。

トレーシング・セッション中に収集されるプロシージャ・プロファイリング情報の詳細については、プロシージャ・プロファイリングの結果を解釈する方法を参照してください。

参照