Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データベース・パフォーマンスのモニタリングと改善 » データベース・パフォーマンスの改善 » アプリケーション・プロファイリング

 

プロシージャ・プロファイリングのリセット

プロシージャ・プロファイリングをリセットすると、プロシージャ、関数、イベント、トリガに関する既存のプロファイリング情報をクリアできます。プロシージャ・プロファイリングが有効になっている場合、リセットしてもプロファイリングは停止しません。また、プロファイリングが無効になっている場合、リセットしてもプロファイリングは開始しません。

♦  プロファイリングをリセットにするには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. Sybase Central を開きます。

  2. DBA 権限または PROFILE 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  3. 左ウィンドウ枠でデータベースを選択します。

  4. [モード] - [アプリケーション・プロファイリング] を選択します。アプリケーション・プロファイリング・ウィザードが表示された場合は、[キャンセル] をクリックします。

  5. プロシージャ・プロファイリングが有効になっている場合は、[アプリケーション・プロファイリングの詳細] ウィンドウ枠で、データベースをクリックし、[選択されたデータベースにおけるプロファイリング設定の表示] をクリックします。

    プロシージャ・プロファイリングが有効になっていない場合は、左ウィンドウ枠でデータベースを右クリックして [プロパティ] を選択します。

  6. [プロファイリング設定] タブをクリックします。

  7. [すぐにリセット] をクリックします。

  8. [OK] をクリックします。

参照