Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データベース・パフォーマンスのモニタリングと改善 » データベース・パフォーマンスの改善 » パフォーマンス向上のためのヒント

 

適切なデータ型の使用

データ型は、値の範囲、値に対して可能な演算、メモリでの値の格納方法など、特定のデータ・セットに関する情報を格納します。データに適切なデータ型を使用することで、パフォーマンスを改善できます。たとえば、数値データのみを含む値にデータ型 CHAR を割り当てないでください。また、コストの高い数値型や文字列型でなく、効率的なデータ型をできるだけ選択してください。SQL データ型を参照してください。