Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » クエリ処理 » クエリの最適化と実行 » クエリ実行アルゴリズム » アルゴリズムの種類 » その他のアルゴリズム

 

DerivedTable アルゴリズム (DT)

派生テーブルは、クエリの FROM 句に含まれている SELECT 文です。SELECT 文の結果セットは、論理的にはテーブルのように扱われます。クエリ・オプティマイザは、クエリの書き換え時、たとえば UNION、INTERSECT、または EXCEPT の操作に基づくセットを含むクエリでも派生テーブルを生成することがあります。グラフィカル・プランには、派生テーブルの名前と、計算されたカラムのリストが表示されます。

派生テーブルには、アクセス・プラン内で、クエリの結果を変更しないで文のアクセス・プランの他の部分にマージ (フラット処理) できない部分が含まれます。派生テーブルは、元の文で指定されている派生テーブルのセマンティックを適用するために使用され、特にクエリに 1 つ以上の外部ジョインがある場合にクエリ書き換えの最適化などの理由でプランに表示されます。

派生テーブルの詳細については、FROM 句:テーブルの指定FROM 句を参照してください。

次のクエリは、グラフィカルなプランに派生テーブルがあります。

SELECT EmployeeID FROM Employees
UNION ALL
SELECT DepartmentID FROM (    
    SELECT TOP 5 DepartmentID
    FROM Departments
    ORDER BY DepartmentName DESC ) MyDerivedTable;