Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » リモート・データとバルク・オペレーション » データのインポートとエクスポート » データベースの再構築

 

データベースの再ロード

再ロードでは、空のデータベース・ファイルを作成し、reload.sql ファイルを使用してスキーマを作成し、別の SQL Anywhere データベースからアンロードしたすべてのデータを新規に作成したテーブルに挿入します。データベースは、コマンド・ラインから再ロードします。

♦  データベースを再ロードするには、次の手順に従います (コマンド・ラインの場合)。
  1. dbinit ユーティリティを実行して空の新しいデータベース・ファイルを作成します。

    たとえば、次のコマンドは newdemo.db という名前のファイルを作成します。

    dbinit newdemo.db
  2. reload.sql スクリプトを実行します。

    たとえば、次のコマンドは reload.sql スクリプトを現在のディレクトリにロードして実行します。

    dbisql -c "DBF=newdemo.db;UID=DBA;PWD=sql" reload.sql