Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データベースの作成 » トランザクションと独立性レベルの使用 » ロックの仕組み » ロー・ロック

 

書き込みロック

トランザクションがローを追加、更新、削除するときには、「書き込みロック」が設定されます。これは、独立性レベル 0 やスナップショット・アイソレーションのレベルを含む、どの独立性レベルのトランザクションでも当てはまります。書き込みロックが設定されると、他のトランザクションはそのローに対して読み込みロック、意図的ロック、書き込みロックのいずれも取得できません。あるローに対して排他的なロックを保持できるトランザクションは一度に 1 つだけであるため、書き込みロックは排他ロックとも呼ばれます。他のトランザクションが同じローに何らかの種類のロックをかけている間は、書き込みロックを取得することはできません。同様に、トランザクションが書き込みロックを取得すると、他のトランザクションからのそのローへのロック要求は拒否されます。