Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データのクエリと変更 » データの追加、変更、削除 » データ修正文

 

トランザクションとデータ・リカバリ

SQL Anywhere は、システム障害や停電が発生した場合にデータベースの整合性を保護します。データベース・サーバをリストアするためのオプションが複数用意されています。たとえば、SQL Anywhere によって別のドライブに保存されたログ・ファイルを使用して、データをリストアできます。リカバリのためにログ・ファイルを使用する場合、SQL Anywhere はデータベースを頻繁に更新する必要がないため、データベース・サーバのパフォーマンスは向上します。

トランザクション処理により、データベース・サーバはデータが一貫性を保っていることを識別できます。トランザクション処理は、なんらかの理由でトランザクションが正常に完了しなかった場合に、トランザクション全体が取り消されるか、ロールバックしたことを確認します。トランザクションが失敗しても、データベースには影響ありません。

SQL Anywhere のトランザクション処理は、トランザクションの途中でシステムがダウンした場合でも、トランザクションの内容は確実に処理されることを保証します。

参照