Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » SQL のダイアレクトと互換性 » SQL ダイアレクト » Transact-SQL のプロシージャ言語の概要

 

Transact-SQL のバッチの概要

Transact-SQL では、バッチは一緒に送信されてグループとして次々に実行される一連の SQL 文です。バッチはコマンド・ファイルとして保存されます。SQL Anywhere の Interactive SQL と Adaptive Server Enterprise の Interactive SQL ユーティリティは、バッチを対話型で実行するためのよく似た機能を持っています。

プロシージャで使われる制御文はバッチでも使えます。SQL Anywhere はバッチ中の制御文の使用をサポートします。また Transact-SQL のように、デリミタのない、バッチの終わりを示す go 文で終わる文のグループをサポートします。

コマンド・ファイルに保存されているバッチでは、SQL Anywhere はコマンド・ファイルにあるパラメータの使用をサポートします。PARAMETERS 文 [Interactive SQL]を参照してください。