Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データベース・パフォーマンスのモニタリングと改善 » アプリケーション・プロファイリングのチュートリアル » チュートリアル:プロシージャ・プロファイリングをベースラインとして使用

 

レッスン 2:baseline プロシージャに対する更新されたプロシージャの実行

♦  baseline プロシージャに対して、更新されたプロシージャを実行するには、次の手順に従います。
  1. Sybase Central で、[モード] - [アプリケーション・プロファイリング] を選択します。

    アプリケーション・プロファイリング・ウィザードが表示されない場合は、[アプリケーション・プロファイリング] - [アプリケーション・プロファイリング・ウィザードを開く] を選択します。

  2. [ようこそ] ページで、[次へ] をクリックします。

  3. [プロファイリング・オプション] ページで [ストアド・プロシージャ、ファンクション、トリガ、またはイベントの実行時間] を選択します。

  4. [完了] をクリックします。

    データベース・サーバでプロシージャ・プロファイリングが開始します。

  5. Sybase Central の左ウィンドウ枠で、[プロシージャとファンクション] をダブルクリックします。

  6. baseline プロシージャを右クリックし、[Interactive SQL から実行] を選択します。プロシージャ・プロファイリングが有効になっているため、プロシージャの実行の詳細が取得されます。

  7. Interactive SQL を閉じます。

  8. プロファイリング結果を表示します。

    1. Sybase Central の左ウィンドウ枠で、baseline プロシージャを選択します。

    2. 右ウィンドウ枠で、[プロファイリング結果] タブをクリックします。結果が表示されない場合は、[表示] - [フォルダの再表示] を選択します。

      baseline プロシージャの行ごとの実行時間が表示されます。

  9. プロファイリング結果を保存します。

    1. データベースを右クリックして、[プロパティ] を選択します。

    2. [プロファイリング設定] タブをクリックします。

    3. [データベース内に現在あるプロファイリング情報を次のプロファイリング・ログ・ファイルに保存する] を選択し、プロファイリング・ログ・ファイルのロケーションとファイル名を指定します。

    4. [適用] をクリックします。プロパティ・ウィンドウは閉じないでください。

      収集したプロシージャのプロファイリング情報は、指定したプロファイリング・ログ・ファイル (.plg) に保存されます。

  10. プロファイリング・ログ・ファイルをベースラインとして使用することを指定します。

    1. [App_Profiling - DBA データベースのプロパティ] ウィンドウの [プロファイリング設定] タブで、[次のプロファイリング・ログ・ファイルのプロファイリング情報を比較のベースラインとして使用する] を選択します。

    2. 作成したプロファイリング・ログ・ファイルを探して選択します。

    3. [適用] をクリックします。

    4. [OK] をクリックし、[App_Profiling - DBA データベースのプロパティ] ウィンドウを閉じます。

  11. baseline プロシージャに変更を加えます。

    1. Sybase Central で、[モード] - [設計] を選択します。

    2. 左ウィンドウ枠の [プロシージャとファンクション] で baseline プロシージャを参照して選択します。

    3. 右ウィンドウ枠の [SQL] タブで、既存の INSERT 文を削除します。

    4. 次の SQL 文をコピーし、プロシージャにペーストします。

      INSERT table1 
         SELECT COUNT ( * ) FROM rowgenerator r1, rowgenerator r2, rowgenerator r3 
         WHERE r3.row_num < 250;
    5. [ファイル] - [保存] を選択します。

  12. [プロシージャとファンクション] で、baseline プロシージャを右クリックし [Interactive SQL から実行] を選択します。

  13. プロシージャが完了したら、Interactive SQL を終了します。