Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データのクエリと変更 » データの追加、変更、削除 » データ修正文

 

データ修正のパーミッション

修正するデータベース・テーブルに適切なパーミッションがある場合だけ、データの修正文を実行できます。データベースの管理者とデータベース・オブジェクトの所有者は GRANT 文と REVOKE 文を使用して、だれがどのデータ修正機能にアクセスするかを決定します。

パーミッションを個人ユーザ、グループ、または PUBLIC グループに付与できます。パーミッションの詳細については、ユーザ ID、権限、パーミッションの管理を参照してください。