Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » ストアド・プロシージャとトリガ » プロシージャ、関数、トリガ、イベントのデバッグ » 変数の活用

 

変数値の表示

♦  変数の値を表示するには、次の手順に従います。
  1. DBA 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で、[プロシージャとファンクション] をダブルクリックします。

  3. プロシージャを選択します。

  4. [モード] - [デバッグ] を選択します。

  5. [デバッグするユーザを指定してください] フィールドに * と入力してすべてのユーザをデバッグするか、デバッグ対象となるデータベース・ユーザの名前を入力します。

  6. 右ウィンドウ枠で、ブレークポイントを挿入する行をクリックします。

    クリックした行にカーソルが表示されます。

  7. [F9] キーを押します。

    コード行の左側に赤い円が表示されます。

  8. [デバッガの詳細] ウィンドウ枠で、[ローカル] タブをクリックします。

  9. 左ウィンドウ枠で、プロシージャを右クリックし、[Interactive SQL から実行] を選択します。[ローカル] タブに、変数とその値が表示されます。