Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データのクエリと変更 » OLAP のサポート

 

Window 関数

OLAP の機能には、入力ローの処理に合わせて入力ローを上から下に移動するスライド「ウィンドウ」の概念が含まれます。ウィンドウの移動とともにウィンドウ内のデータに対する追加の計算を実行できるため、セマンティック上同等なセルフジョイン・クエリや相関サブクエリを使用する方法よりも効率的な方法で、詳細な分析を実行できます。

ウィンドウの境界は、データから抽出しようとする情報を基に設定します。ウィンドウには、ウィンドウ定義内のグループ化指定に従って分割された入力データの、1 つ、複数、またはすべてのローが含まれます。ウィンドウは入力データを上から下に移動し、必須の計算を実行するために必要なローを採用します。

次の図は、入力ローが処理されるのに伴って移動するウィンドウを示しています。データ分割は、ウィンドウ定義に指定された、入力ローのグループ化を反映します。グループ化が指定されていない場合は、すべての入力ローで 1 分割であると見なされます。ウィンドウの長さ (つまりウィンドウに含まれるローの数) と、現在のローと比較したウィンドウのオフセットは、ウィンドウ定義で指定した境界を反映します。

分割された入力ローを移動する、3 つのローからなるウィンドウの図

ウィンドウの定義
ウィンドウ定義:インラインおよび WINDOW 句