Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データのクエリと変更 » OLAP のサポート

 

GROUP BY 句の拡張

SELECT 文で標準の GROUP BY 句を使用すると、指定したグループ化の式に従って、結果セット内のローをグループ化できます。たとえば、GROUP BY columnA, columnB を指定すると、columnA と columnB のユニークな値の組み合わせでローがグループ化されます。標準の GROUP BY 句では、グループは、指定されたすべての GROUP BY 式の組み合わせの評価を反映します。

ただし、結果セットに別のグループ化またはサブグループ化を指定したい場合も考えられます。たとえば、結果で columnA と columnB のユニークな値でグループ化されたデータを表示してから、columnC の別の値でもう一度グループ化するような状況です。このような結果を得るには、GROUP BY 句で GROUPING SETS 拡張を使用します。


GROUP BY GROUPING SETS