Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データベース・パフォーマンスのモニタリングと改善 » データベース・パフォーマンスの改善 » パフォーマンス向上のためのヒント

 

コミットの遅延の使用

データベースに対してコミットされる変更の頻度が高い場合、トランザクション・ログの書き込みの頻度が、データベース全体のパフォーマンスを左右する最大の要因になります。トランザクション・ログのパフォーマンスを改善する場合は、delayed_commits オプションを On に設定します。On に設定すると、データベース・サーバは COMMIT のトランザクション・ログ・エントリがディスクに書き込まれるのを待たずに、直ちに COMMIT 文に応答します。Off に設定すると、アプリケーションは COMMIT がディスクに書き込まれるまで待たなければなりせん。delayed_commits オプションをオンにすると、一部が埋まっているログ・ページの複数回の書き換えが回避され、トランザクション・ログの書き込みが減少します。このオプションは、接続ごとまたは接続全体に対して設定できます。delayed_commits オプションをオンにすると、トランザクション・ログ・ページがディスクにフラッシュされる前にサーバがダウンした場合、コミットされた操作が失われるリスクがあります。delayed_commits オプション [データベース]を参照してください。