Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データベース・パフォーマンスのモニタリングと改善 » データベース・パフォーマンスの改善 » パフォーマンス向上のためのヒント

 

イン・メモリ・モードの使用

最新のチェックポイント後にコミットされたトランザクションが失われても構わないアプリケーションには、イン・メモリ・モードを使用すると便利な場合があります。

大量のメモリを使用できる (通常、すべてのデータベース・ファイルをキャッシュ内に保持できる) システムを実行している場合、パフォーマンスの向上が求められるアプリケーションでこのモードを使用すると便利です。

イン・メモリ・モードは 2 種類から選択できます。非書き込みモードでは、コミットされたトランザクションはディスク上のデータベース・ファイルに書き込まれません。非書き込みモードを指定すると、複数の LOAD TABLE 文を同じまたは異なるテーブルで同時にアクティブにできます。データベースが停止した場合、または接続が切断された場合は、すべての変更が失われます。チェックポイント専用モードでは、データベース・サーバはトランザクション・ログを使用しないため、最新のコミットされたトランザクションにリカバリすることはできません。ただし、チェックポイント・ログは有効になっているため、データベースを最新のチェックポイントにリカバリすることができます。

イン・メモリ・モードの設定方法およびアプリケーションに対して適切か判断する方法については、-im サーバ・オプションを参照してください。

別途ライセンスが必要な必須コンポーネント

イン・メモリ・モードには別途ライセンスが必要です。別途ライセンスが必要なコンポーネントを参照してください。