Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データベース・パフォーマンスのモニタリングと改善 » データベース・パフォーマンスの改善 » 診断トレーシングを使用した詳細なアプリケーション・プロファイリング

 

現在の診断トレーシングの設定の確認

Sybase Central のデータベース・トレーシング・ウィザードを使用して、現在の診断トレーシングの設定を表示できます。設定を確認したら、[キャンセル] をクリックしてウィザードを終了します。sa_diagnostic_tracing_level テーブルへのクエリで、現在、有効になっている診断トレーシングの設定を取得することもできます。

診断トレーシング設定は、トレーシング・セッションが実行中であるかどうかに関係なく取得できます。

♦  現在の診断トレーシングの設定を確認するには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. DBA 権限または PROFILE 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  2. [モード] - [アプリケーション・プロファイリング] を選択します。アプリケーション・プロファイリング・ウィザードが表示された場合は、[キャンセル] をクリックします。

  3. 左ウィンドウ枠でデータベースを右クリックして [トレーシング] を選択します。

    データベース・トレーシング・ウィザードが表示されない場合は、[トレーシング] - [設定] を選択します。

  4. [トレーシング・レベルの編集] リストで、診断トレーシングに現在指定されている設定を確認します。

  5. [キャンセル] をクリックします。

♦  現在の診断トレーシングの設定を確認するには、次の手順に従います (Interactive SQL の場合)。
  1. DBA 権限または PROFILE 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  2. sa_diagnostic_tracing_level テーブルに対して、enabled カラムが 1 のローを問い合わせます。

    データベース・サーバから、現在使用中の診断トレーシングの設定が返されます。enabled カラムが 1 の場合、設定が有効であることを示します。

次の文は、sa_diagnostic_tracing_level 診断テーブルに問い合わせ、現在の診断トレーシングの設定を取得する方法を示します。

SELECT * FROM sa_diagnostic_tracing_level WHERE enabled = 1;

次の表は、クエリの結果セットの例を示します。

id scope identifier trace_type trace_condition value enabled
1 database (NULL) volatile_statistics sample_every 1,000 1
2 database (NULL) nonvolatile_statistics sample_every 60.000 1
3 database (NULL) connection_statistics (NULL) 60,000 1
4 database (NULL) blocking (NULL) (NULL) 1
5 database (NULL) deadlock (NULL) (NULL) 1
6 database (NULL) plans_with_statistics sample_every 2,000 1
参照