Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データベース・パフォーマンスのモニタリングと改善

 

データベース・パフォーマンスの改善

データベースのパフォーマンスを改善するためには、既存のデータベースが最適レベルで稼働しているかどうかを確認する必要があります。この項では、SQL Anywhere 分析ツールを使用したデータベース・パフォーマンスの分析および調整について説明します。

SQL Anywhere には、運用データベースのパフォーマンス上の問題を検出するための診断ツールがいくつかあります。これらのツールのほとんどは「診断トレーシング」インフラストラクチャに依存します。このインフラストラクチャは、診断データを取得、格納するテーブル、ファイルなどのコンポーネントから構成されるシステムです。診断トレーシングのデータを使用して、「アプリケーション・プロファイリング」などの診断やモニタリングのタスクを行うことができます。

SQL Anywhere のパフォーマンス・データを分析するには、次のような方法があります。

  • アプリケーション・プロファイリング・ウィザード   Sybase Central のアプリケーション・プロファイリング・モードからこのウィザードを使用すると、パフォーマンスを完全に自動的に確認できます。ウィザードの終了時に、パフォーマンスを向上させるための推奨内容が表示されます。アプリケーション・プロファイリングを参照してください。

  • データベース・トレーシング・ウィザード   Sybase Central のアプリケーション・プロファイリング・モードからこのウィザードを使用すると、収集するパフォーマンス・データのタイプをカスタマイズできます。これにより、特定のユーザやアクティビティのパフォーマンスをモニタリングできます。診断トレーシングを使用した詳細なアプリケーション・プロファイリングを参照してください。

  • 要求トレースの分析   この機能を使用すると、特定のユーザまたは接続から実行された要求 (文) の診断データだけを収集できます。要求トレース分析の実行を参照してください。

  • インデックス・コンサルタント   この機能では、データベース内のインデックスが分析され、改善のための推奨内容が表示されます。このツールはアプリケーション・プロファイリング・モードからアクセスするか、スタンドアロンのツールとしてアクセスできます。インデックス・コンサルタントを参照してください。

  • プロシージャ・プロファイリング   この機能を使用すると、プロシージャ、ユーザ定義の関数、イベント、システム・トリガ、トリガの実行所要時間を確認できます。プロシージャ・プロファイリングは、Sybase Central の機能として使用できます。アプリケーション・プロファイリング・モードでのプロシージャ・プロファイリングを参照してください。

    システム・プロシージャを使用してプロシージャ・プロファイリングを実装することもできます。システム・プロシージャを使用したプロシージャ・プロファイリングを参照してください。

  • 実行プラン   この機能では、実行プランを使用して、文に関連するデータベース内の情報にアクセスできます。Interactive SQL または SQL 関数を使用すると、実行プランを表示できます。実行プランは、さまざまなフォーマットで取り出すことができます。また、プランを保存することもできます。実行プランの解釈を参照してください。

注意

このマニュアルでは、「アプリケーション・プロファイリング」「診断トレーシング」の各用語を同じ意味で使うことがあります。診断トレーシングは、詳細なアプリケーション・プロファイリングです。


アプリケーション・プロファイリング
インデックス・コンサルタント
診断トレーシングを使用した詳細なアプリケーション・プロファイリング
その他の診断ツールと方法
データベースのパフォーマンスのモニタリング
パフォーマンス・モニタの統計値
パフォーマンス向上のためのヒント