Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データのクエリと変更 » データのクエリ » テキスト設定オブジェクト

 

テキスト設定オブジェクトの作成

SQL 文を使用してテキスト設定オブジェクトを作成する場合は、別のテキスト設定オブジェクトをテンプレートとして使用します。次に設定を変更し、新しいテキスト設定を使用して独自のテキスト・インデックスを作成します。

Sybase Central でテキスト設定オブジェクトを作成する場合は、テキスト設定オブジェクト作成ウィザードによって作成中に設定を変更できます。

♦  テキスト設定オブジェクトを作成するには、次の手順に従います (SQL の場合)。
  1. DBA 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  2. CREATE TEXT CONFIGURATION 文を実行します。

    たとえば、次の文は、default_char テキスト設定オブジェクトをテンプレートとして使用して、myTxtConfig というテキスト設定オブジェクトを作成します。

    CREATE TEXT CONFIGURATION myTxtConfig FROM default_char;
♦  テキスト設定オブジェクトを作成するには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. DBA 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  2. [テキスト設定オブジェクト] を右クリックし、[新規] - [テキスト設定オブジェクト] を選択します。

  3. テキスト設定オブジェクト作成ウィザードの指示に従います。

    [テキスト設定オブジェクト] ウィンドウ枠に、新しいテキスト設定オブジェクトが表示されます。

参照