Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データのクエリと変更 » データのクエリ » select リスト:カラムの指定

 

テーブルからの特定カラムの選択

SELECT 文によって取り出されるカラムは、SELECT キーワードに続けてカラムをリストすることで制限できます。この SELECT 文の構文は、次のとおりです。

SELECT column-name  [, column-name  ]...
FROM table-name

この構文では、column-nametable-name は、問い合わせるカラムとテーブルの名前に置き換えてください。

次に例を示します。

SELECT Surname, GivenName
FROM Employees;
射影と制限

「射影」とは、テーブル内のカラムのサブセットです。「制限」 (「選択」とも言う) は、いくつかの条件に基づいたテーブル内のローのサブセットとのことです。

たとえば、次の SELECT 文では、SQL Anywhere サンプル・データベースで価格が $15 より高い製品すべての名前と価格が検索されます。

SELECT Name, UnitPrice
FROM Products
WHERE UnitPrice > 15;

このクエリでは、射影 (SELECT Name, UnitPrice) と制限 (WHERE UnitPrice > 15) を使用しています。

カラムの順番の再調整

カラム名をリストする順番で、カラムが表示される順番が決まります。次の 2 つの例は、表示におけるカラム順の指定方法を示しています。2 つとも、Departments テーブルの 5 つのロー全部から部署名と ID を検出して表示します。ただし、順番が異なります。

SELECT DepartmentID, DepartmentName
FROM Departments;
DepartmentID DepartmentName
100 R & D
200 Sales
300 Finance
400 Marketing
... ...
SELECT DepartmentName, DepartmentID
FROM Departments;
DepartmentName DepartmentID
R & D 100
Sales 200
Finance 300
Marketing 400
... ...
ジョイン

ジョインは、各テーブルのカラムの値を比較して、2 つ以上のテーブル内のローをリンクします。たとえば、1 ダースを超える数が出荷されたすべての注文項目について、注文項目 ID 番号と製品名を次のように選択できます。

SELECT SalesOrderItems.ID, Products.Name
FROM Products JOIN SalesOrderItems
WHERE SalesOrderItems.Quantity > 12;

Products テーブルと SalesOrderItems テーブルは、この両テーブル間の外部キー関係に基づいてジョインされます。

ジョイン:複数テーブルからのデータ検索を参照してください。