Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データのクエリと変更 » データのクエリ » select リスト:カラムの指定

 

クエリ結果の文字列

ほとんどの SELECT 文は、FROM 句のテーブルのデータだけで構成された結果を生成します。ただし、文字列を一重引用符で囲み、それを select リストの他の要素とカンマで区切ると、その文字列もクエリ結果に表示されます。文字列に引用符を記述するには、その前に引用符をもう 1 つ記述します。次に例を示します。

SELECT 'The department''s name is' AS "Prefix",
   DepartmentName AS Department
FROM Departments;
Prefix Department
The department's name is R & D
The department's name is Sales
The department's name is Finance
The department's name is Marketing
The department's name is Shipping