Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » リモート・データとバルク・オペレーション » リモート・データ・アクセスのサーバ・クラス » JDBC ベースのサーバ・クラス

 

JDBC クラスの設定上の注意

JDBC ベースのクラスで定義されたリモート・サーバにアクセスするときは、次のことに注意してください。

  • 最適なパフォーマンスを得るには、ODBC ベースのクラス (saodbc か aseodbc) をおすすめします。

  • asejdbc サーバ・クラスまたは sajdbc サーバ・クラスを使用してアクセスするリモート・サーバは、jConnect 6.x ベースのクライアントを処理できるよう設定してください。

  • JDBC リモート・サーバ接続が切断されるか、失われた場合、JDBC リモート・サーバを使用して、プロキシ・テーブルやプロキシ・プロシージャなどのプロキシ・オブジェクトにアクセスしようとした場合にのみ、サーバが使用できないことがわかります。ODBC にはこの制限がありません。