Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » リモート・データとバルク・オペレーション

 

リモート・データ・アクセスのサーバ・クラス

CREATE SERVER 文に指定するサーバ・クラスは、リモート接続の動作を決定します。サーバ・クラスは、サーバの機能の詳細な情報を SQL Anywhere に提供します。SQL Anywhere は、サーバの機能に合わせて SQL 文をフォーマットします。

サーバ・クラスには、2 つのカテゴリがあります。

各サーバ・クラスには各種のユニークな特性があります。リモート・データ・アクセス用にサーバを設定するには、データベース管理者とプログラマがこの特性を知っておく必要があります。

サーバ・クラスのカテゴリ (JDBC ベースか ODBC ベース) 全般についての情報と、個々のサーバ・クラスに固有の情報の両方を参照する必要があります。


ODBC ベースのサーバ・クラス
JDBC ベースのサーバ・クラス