Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データのクエリと変更 » クエリ結果の要約、グループ化、ソート » UNION、INTERSECT、EXCEPT を使用した、クエリ結果に対する集合操作の実行

 

UNION 文を使用してセットを結合する

UNION 演算子は、2 つ以上のクエリの結果を結合して、単一の結果セットにします。

デフォルトでは、UNION 演算子は、結果セットから重複しているローを削除します。ALL オプションを使用すると、重複は削除されません。最終的な結果セットにあるカラムは、最初の結果セットのカラムと同じ名前です。UNION 演算子はいくつでも使用できます。

デフォルトでは、UNION 演算子を複数含んでいる文は、左から右に評価されます。カッコを使用して評価順を指定できます。

たとえば、次の 2 つの式は、重複ローを結果セットから削除する方法が異なるため、等しくありません。

x UNION ALL ( y UNION z )
(x UNION ALL y) UNION z

最初の式では、y と z の間の UNION で、重複が削除されます。そのセットと x の間の UNION では、重複が削除されません。2 番目の式では、x と y の間の UNION では重複が含められますが、次の z との UNION では削除されます。