Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データのクエリと変更 » クエリ結果の要約、グループ化、ソート » 集合関数を使用したクエリ結果の要約

 

DISTINCT を伴う集合関数の使用

DISTINCT キーワードは、SUM、AVG、COUNT のオプションです。DISTINCT を使用すると、重複した値が除外されてから、合計、平均、またはカウントが計算されます。たとえば、連絡先のある都市の数を検出するには、次の文を実行します。

SELECT COUNT( DISTINCT City )
   FROM Contacts;
COUNT( DISTINCT Contacts.City)
16

クエリ内で DISTINCT を伴って集合関数を 2 つ以上使用できます。各 DISTINCT は個別に評価されます。次に例を示します。

SELECT COUNT( DISTINCT GivenName ) "first names",
       COUNT( DISTINCT Surname ) "last names"
   FROM Contacts;
first name last name
48 60