Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データベースの作成 » データベース・オブジェクトの使用 » インデックスの操作

 

頻繁に検索するカラムのインデックス

SQL Anywhere は、プライマリ・キー・カラムと外部キー・カラムのインデックスを自動的に作成します。したがって、自分でキー・カラムにインデックスを設定する必要はありません。カラムがキーの一部に過ぎない場合は、インデックスが有用なこともあります。

インデックスには追加領域が必要です。また、インデックスによって、テーブルのデータを修正する INSERT、UPDATE、DELETE 文などのパフォーマンスが、わずかに低下することがあります。しかし、検索のパフォーマンスは大幅に向上するので、頻繁にデータを検索する場合は常にインデックスを使用することをおすすめします。インデックスによるパフォーマンスの向上の詳細については、インデックスの使用を参照してください。

オプティマイザでは、自動的にインデックスを使用して、データベースの文のパフォーマンスを改善できる場合は改善します。ローが削除、更新、挿入された場合は、自動的にインデックスの更新が行われます。クエリの作成時にインデックス・ヒントを使用してインデックスを明示的に参照できますが、その必要はありません。