Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - SQL の使用法 » データベースの作成 » データベース・オブジェクトの使用 » マテリアライズド・ビューの操作

 

マテリアライズド・ビューの削除

不要になったマテリアライズド・ビューは削除できます。

マテリアライズド・ビューの削除とビューの依存性

マテリアライズド・ビューを削除する前に、すべての従属ビューを削除または無効にする必要があります。マテリアライズド・ビューに従属ビューが存在するかどうかを判断するには、sa_dependent_views システム・プロシージャを使用します。sa_dependent_views システム・プロシージャを参照してください。

ビューの依存性も参照してください。

♦  マテリアライズド・ビューを削除するには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. DBA 権限のあるユーザとして、またはビューの所有者として、データベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で、[ビュー] をダブルクリックします。

  3. マテリアライズド・ビューを右クリックして、[削除] を選択します。

  4. [はい] をクリックします。

♦  マテリアライズド・ビューを削除するには、次の手順に従います (SQL の場合)。
  1. DBA 権限のあるユーザとして、またはビューの所有者として、データベースに接続します。

  2. DROP MATERIALIZED VIEW 文を実行します。

次の文は、マテリアライズド・ビュー EmployeeConfid4 を作成し、初期化 (データを設定)して、削除します。

CREATE MATERIALIZED VIEW EmployeeConfid4 AS
   SELECT EmployeeID, Employees.DepartmentID, SocialSecurityNumber, Salary, ManagerID,
      Departments.DepartmentName, Departments.DepartmentHeadID
   FROM Employees, Departments
   WHERE Employees.DepartmentID=Departments.DepartmentID;
REFRESH MATERIALIZED VIEW EmployeeConfid4;
DROP MATERIALIZED VIEW EmployeeConfid4;
参照