Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クライアント管理 » Mobile Link クライアントの紹介 » Mobile Link クライアント

 

クライアントのネットワーク・プロトコルの指定

Mobile Link サーバでは、-x コマンド・ライン・オプションを使用して、同期クライアントが Mobile Link サーバに接続するための 1 つ以上のネットワーク・プロトコルを指定します。クライアントが使用する同期プロトコルと一致するネットワーク・プロトコルを選択してください。

mlsrv11 コマンド・ライン・オプションの構文は次のとおりです。

mlsrv11 -c "connection-string" -x protocol( options )

次の例では、TCP/IP プロトコルが選択されますが、プロトコル・オプションが指定されていません。

mlsrv11 -c "dsn=SQL Anywhere 11 Demo" -x tcpip

プロトコルは、次の形式のオプションを使用して設定できます。

(keyword=value;...)

次に例を示します。

mlsrv11 -c "dsn=SQL Anywhere 11 Demo" -x tcpip(
   host=localhost;port=2439)
参照

Mobile Link ネットワーク・プロトコル・オプションの詳細については、次の表を参照してください。

項目 参照先
Mobile Link サーバのネットワーク・オプションの設定方法 -x オプション
Mobile Link クライアント・アプリケーションで使用可能なすべてのネットワーク・プロトコル・オプション Mobile Link クライアント・ネットワーク・プロトコル・オプションの一覧
SQL Anywhere クライアントのオプションの設定方法

CommunicationAddress (adr) 拡張オプション

CommunicationType (ctp) 拡張オプション

Ultra Light クライアントのオプションの設定方法

Stream Parameters 同期パラメータ

Stream Type 同期パラメータ

Ultra Light 同期ユーティリティ (ulsync)