Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クライアント管理 » Mobile Link 用 SQL Anywhere クライアント » SQL Anywhere クライアント

 

SQLAnywhere クライアントのロギング

SQL Anywhere リモート・データベースを使用する Mobile Link アプリケーションを作成する場合、注意が必要なクライアント・ログ・ファイルは 2 種類あります。

  • dbmlsync のメッセージ・ログ

  • SQL Anywhere トランザクション・ログ

dbmlsync のメッセージ・ログ

デフォルトでは、dbmlsync のメッセージは dbmlsync のメッセージ・ウィンドウに送信されます。また、-o または -ot オプションを使用して結果をメッセージ・ログ・ファイルにも送信できます。次のコマンド・ラインの一部では、結果を dbmlsync.log という名前のログ・ファイルに送ります。

dbmlsync -o dbmlsync.log ...

dbmlsync アクティビティをロギングすると、開発プロセスとトラブルシューティングのときに特に役立ちます。パフォーマンスが低下するため、運用環境の通常の操作には冗長出力を使用しないでください。

ログファイルのサイズを制御したり、ファイルが最大サイズに達したときの処理を指定したりできます。

  • ログ・ファイルを指定して、結果をログ・ファイルに追加する場合は、-o オプションを使用します。

  • ログ・ファイルを指定して、結果をログ・ファイルに追加する前にファイルの内容を削除する場合は、-ot オプションを使用します。

  • -o または -ot に加えて -os オプションを使用してサイズを指定すると、そのサイズに達したときに、ログ・ファイルの名前が変更され、元の名前を持つ新しいファイルが使用されます。

詳細については、次の項を参照してください。

-v オプションを使用すると、メッセージ・ログ・ファイルに記録され、dbmlsync のメッセージ・ウィンドウに表示される情報を制御できます。

詳細については、-v オプションを参照してください。

delete_old_logs オプションを使用すると、ログ・ファイルを管理できます。

詳細については、delete_old_logs オプション [Mobile Link クライアント] [SQL Remote] [Replication Agent]を参照してください。

メッセージ・ログ・ファイルを指定しなかった場合、すべての出力が dbmlsync のメッセージ・ウィンドウに表示されます。メッセージ・ログ・ファイルを指定した場合、dbmlsync のメッセージ・ウィンドウに送信される出力は指定しなかった場合よりも少なくなります。

SQL Anywhere トランザクション・ログ

トランザクション・ログ・ファイルを参照してください。