Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クライアント管理 » Mobile Link 用 SQL Anywhere クライアント » SQL Anywhere クライアント » 同期のスケジュール

 

イベント・フックを使用した同期の開始

同期処理のタイミングを制御するために実装できる dbmlsync イベント・フックがあります。

sp_hook_dbmlsync_end フックを使用すると、#hook_dict テーブルの Restart ローを使用して、同期処理が終了するたびに dbmlsync が同期を繰り返すかどうかを判断できます。

詳細については、sp_hook_dbmlsync_endを参照してください。

sp_hook_dbmlsync_delay フックを使用すると、同期処理の開始時に遅延を作成して、同期を続行するタイミングを選択できます。このフックでは、一定の時間遅延させたり、定期的にポーリングを行うことで、ある条件が満たされるまで待機できます。

詳細については、sp_hook_dbmlsync_delayを参照してください。