Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クライアント管理 » Mobile Link クライアントの紹介 » Mobile Link クライアント・ネットワーク・プロトコル・オプション

 

tls_type

同期に使用する暗号を解く鍵を指定します。

別途ライセンスが必要な必須コンポーネント

ECC 暗号化と FIPS 認定の暗号化には、別途ライセンスが必要です。強力な暗号化テクノロジはすべて、輸出規制対象品目です。

別途ライセンスが必要なコンポーネントを参照してください。

構文
tls_type=cipher
プロトコル
デフォルト

RSA

備考

この同期のための通信はすべて、指定された暗号を使用して暗号化されます。暗号は次のいずれかを指定してください。

  • ecc   楕円曲線暗号化です。

  • rsa   RSA 暗号化です。

dbmlsync を使用してネットワーク・プロトコル・オプションを設定する方法については、CommunicationAddress (adr) 拡張オプションを参照してください。

参照

TCP/IP プロトコルの RSA 暗号化を設定する例を示します。これは、サーバとクライアント両方での設定が必要です。各コマンドは、1 行に入力する必要があります。

サーバでは、実装は次のようになります。

mlsrv11  
  -c "dsn=SQL Anywhere 11 Demo;uid=DBA;pwd=sql" 
  -x tls(
    port=9999;
    tls_type=rsa;
    identity=c:\sa10\bin32\rsaserver.id;
    identity_password=test )

SQL Anywhere クライアントでは、実装は次のようになります。

dbmlsync -e 
   "CommunicationType=tls;
    CommunicationAddress=
      'tls_type=rsa;
       trusted_certificates=\rsaroot.crt;
       certificate_name=RSA Server'"

C または C++ の Embedded SQL で作成された Ultra Light アプリケーションでは、実装は次のようになります。

     info.stream = "tls";
     info.stream_parms = TEXT(
      "tls_type=rsa;
       trusted_certificates=\rsaroot.crt;
       certificate_name=RSA Server");