Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クライアント管理 » Mobile Link クライアントの紹介 » Mobile Link クライアント・ネットワーク・プロトコル・オプション

 

buffer_size

ネットワークに書き込む前にバッファする最大バイト数を指定します。HTTP と HTTPS では、このバイト数が、HTTP 要求の本文の最大サイズに変換されます。

構文
buffer_size=bytes
プロトコル
サポートに関する注意
デフォルト
備考

一般に、HTTP と HTTPS のバッファ サイズが大きくなるほど、HTTP 要求応答のサイクルの数は減りますが、必要なメモリ量は増えます。

TCPIP と TLS でも、バッファ サイズが大きくなるほどパフォーマンスは向上しますが、必要なメモリ量が増えます。ただし、パフォーマンスの差は、HTTP ほど大きくありません。

単位はバイトです。キロバイトには K、メガバイトには M、ギガバイトには G を指定してください。

最大値は 1 Gです。

このオプションは、クライアントからの要求のサイズを制御します。Mobile Link からの応答のサイズは制限しません。

dbmlsync を使用してネットワーク・プロトコル・オプションを設定する方法については、CommunicationAddress (adr) 拡張オプションを参照してください。

Ultra Light を使用してネットワーク・プロトコル・オプションを設定する方法については、Ultra Light 同期ストリームのネットワーク・プロトコルのオプションを参照してください。

次の例は、最大バイト数を 32 K に設定します。

SQL Anywhere クライアントでは、実装は次のようになります。

dbmlsync -e "adr=buffer_size=32K"

Embedded SQL または C++ で作成された Ultra Light アプリケーションでは、実装は次のようになります。

synch_info.stream_parms = TEXT("buffer_size=32K");