Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クライアント管理 » Mobile Link 用 SQL Anywhere クライアント » dbmlsync API » .NET 用 dbmlsync API

 

Sync メソッド

同期を実行するよう、dbmlsync サーバに要求します。

構文
UInt32 Sync( string profile_name, string extra_opts )
備考

サーバに接続されてから、このメソッドを呼び出してください。

syncName と opts のうち少なくとも 1 つを NULL 以外の値にしてください。

パラメータ
  • profile_name   同期のオプションを含む同期プロファイルの名前で、リモート・データベース内に定義されているもの。syncName が NULL の場合、プロファイルは使用されないため、extra_opts パラメータに、同期に使用するすべてのオプションが指定されている必要があります。

  • extra_opts   同期プロファイルのオプション文字列を定義するときと同じルールに従った形式の文字列。この文字列で指定したオプションは、profile_name で指定した同期プロファイルにすでにあるオプションに追加されます。プロファイルに文字列のオプションがすでに存在する場合は、プロファイルにすでに格納済みの値が文字列の値に置き換わります。profile_name が NULL の場合、extra_opts に、同期に使用するすべてのオプションが指定されている必要があります。

戻り値

この同期要求をユニークに識別する整数値を返します。返される値は、クライアントがサーバから切断されるまでの間のみ有効です。

エラーのために同期要求を作成できなかった場合は NULL_SYNCHDL を返します。その場合は、GetErrorInfo メソッドを呼び出して、失敗に関する詳細な情報を取得できます。GetErrorInfo メソッドを参照してください。