Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クライアント管理 » Mobile Link 用 SQL Anywhere クライアント » dbmlsync 統合コンポーネント (旧式) » dbmlsync 統合コンポーネントのメソッド

 

Run メソッド

dbmlsync コマンド・ライン・オプションを使用して、1 つまたは複数の同期を開始します。

構文
Run( ByVal cmdLine As String )
Member of DbmlsyncCOM.Dbmlsync
パラメータ

cmdLine   dbmlsync オプションを指定する文字列です。

備考

オプションのリストは、dbmlsync 構文を参照してください。

Run メソッドはすぐに返され、同期が完了するのを待機しません。DoneExecution イベントを使用して、同期が完了するタイミングを指定することができます。

cmdLine パラメータには、dbmlsync コマンド・ライン・ユーティリティとの同期を実行する場合に使用するのと同じオプションを含める必要があります。たとえば、次のコマンド・ラインと Run メソッドの呼び出しは同じです。

dbmlsync -c uid=DBA;pwd=sql
dbmlsync1.Run "-c uid=DBA;pwd=sql"

次の例は、remote1 というリモート・データベースの同期を開始します。

dbmlsync1.Run "-c eng=remote1;uid=DBA;pwd=sql"