Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クライアント管理 » Mobile Link 用 SQL Anywhere クライアント » Mobile Link SQL Anywhere クライアントの拡張オプション

 

DownloadReadSize (drs) 拡張オプション

再起動可能なダウンロードについて、通信障害の後に再送する必要があるデータの最大値を指定します。

構文
drs=number[ K ]; ...
備考

DownloadReadSize オプションが有用なのは、再起動可能なダウンロードを実行するときだけです。

ダウンロードの読み込みサイズは、バイト単位で指定します。キロバイトの単位を指定するには、サフィックス k を使用します。

dbmlsync は、チャンク単位でダウンロードを読み込みます。このチャンクのサイズを定義するのが DownloadReadSize です。通信エラーが発生すると、処理中のチャンク全体が失われます。エラーが発生した時点によって、失われるバイト数は 0 ~ DownloadReadSize -1 のいずれかになります。たとえば、DownloadReadSize が 100 バイトで、497 バイトを読み込んだ後でエラーが発生した場合は、読み込んだ最後の 97 バイトが失われます。このようにして失われたバイト数は、ダウンロードが再起動されたときに再送信されます。

通常は、DownloadReadSize の値を大きくすると、正常な同期でのパフォーマンスが向上しますが、エラーが発生したときに再送信されるデータが多くなります。

このオプションの一般的な用途は、通信の信頼性が低いときにデフォルトのサイズを減らすことです。

デフォルトは 32767 です。このオプションを 32767 より大きな値に設定すると、32767 が使用されます。

このオプションには省略形と長形式があり、drs または DownloadReadSize を使用できます。

拡張オプションのデータベースへの格納もできます。dbmlsync 拡張オプションの詳細については、dbmlsync 拡張オプションの概要を参照してください。

参照

次の dbmlsync コマンド・ラインは、dbmlsync を使用するときのこのオプションの設定方法を示します。

dbmlsync -e "drs=100"

次の SQL 文は、このオプションのデータベースへの格納方法を示します。

CREATE SYNCHRONIZATION SUBSCRIPTION
   TO sales_publication
   FOR ml_user1
   OPTION drs='100';