Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クライアント管理 » Mobile Link 用 SQL Anywhere クライアント » Mobile Link SQL Anywhere クライアントの拡張オプション

 

Schedule (sch) 拡張オプション

同期のスケジュールを指定します。

構文
sch=schedule; ...
schedule : { EVERY:hhhh:mm | INFINITE | singleSchedule }
hhhh : 00 ... 9999
mm : 00 ... 59
singleSchedule : day @hh:mm[ AM | PM ] [ -hh:mm[ AM | PM ] ] ,...
hh : 00 ... 24
mm : 00 ... 59
day :
 EVERYDAY | WEEKDAY | MON | TUE | WED | THU | FRI | SAT | SUN | dayOfMonth
dayOfMonth : 0... 31
パラメータ

EVERY   EVERY キーワードを指定すると、同期は起動時に発生し、その後は指定した期間の経過後に無限に繰り返されます。指定した期間より同期処理に長時間かかる場合、同期はすぐに再開されます。

dbmlsync の起動時に同期が発生するのを防ぐには、拡張オプション NoSyncOnStartup を使用します。NoSyncOnStartup (nss) 拡張オプションを参照してください。

singleSchedule   1 つ以上の単一スケジュールを指定すると、同期は指定した日時にのみ発生します。

間隔は @hh:mm-hh:mm (AM または PM はオプション指定) のように指定します。AM または PM を指定しない場合は、24 時間制とみなされます。24:00 は翌日の午前 00:00 とみなされます。間隔を指定すると、同期は間隔中の任意の時点から始まります。間隔を指定すると同期を行う時間帯に幅ができるため、同じスケジュールを持つ複数のリモート・データベースが、まったく同じ時刻に同期を行うことがなく、Mobile Link サーバ側では輻輳が生じなくなります。

間隔の終了時刻は常に開始時刻より後の時刻として解釈されます。間隔に真夜中が含まれている場合は、翌日に終了します。dbmlsync が間隔の途中で始まる場合、同期は終了時刻より前の任意の時点で発生します。

EVERYDAY   EVERYDAY とは週の 7 日間すべてのことです。

WEEKDAY   WEEKDAY とは月曜日から金曜日までのことです。

曜日は、Mon、Tue のようになります。Monday のような完全形も使用できます。使用言語が英語でない場合、クライアントによって接続文字列で要求された言語でない場合、サーバ・ウィンドウに表示される言語でない場合は、完全形を使用します。

dayOfMonth   月の長さに関係なく、月の最終日を指定するには、dayOfMonth を 0 に設定します。

INFINITE   INFINITE キーワードを指定すると、dbmlsync の同期は起動時に発生します。その後同期が発生するのは、ウィンドウ・メッセージを dbmlsync に送信する別のプログラムから同期が開始されたときだけです。待機中、dbmlsync が実行され、ログが定期的にスキャンされます。dbmlsync 拡張オプション NoSyncOnStartup を使用すると、初期同期を防ぐことができます。

詳細については、NoSyncOnStartup (nss) 拡張オプションを参照してください。

このオプションを dbmlsync -wc オプションと組み合わせて使用すると、dbmlsync をウェイクアップし、同期を行うことができます。

詳細については、-wc オプションを参照してください。

備考

直前の同期がスケジュール時刻にまだ完了していない場合は、その同期が完了した時点で、スケジュールされた同期が開始されます。

デフォルトは、スケジュール設定なしです。

このオプションには省略形と長形式があり、sch または Schedule を使用できます。

拡張オプションのデータベースへの格納もできます。dbmlsync 拡張オプションの詳細については、dbmlsync 拡張オプションの概要を参照してください。

schedule オプションの構文は、同期 SQL 文と dbmlsync コマンド・ラインのどちらの場合も同じです。

IgnoreScheduling 拡張オプションと -is オプションは、dbmlsync がスケジュールを無視して即時の同期を行えるようにします。詳細については、IgnoreScheduling (isc) 拡張オプションを参照してください。

スケジュールの詳細については、同期のスケジュールを参照してください。

次の dbmlsync コマンド・ラインは、dbmlsync を使用するときのこのオプションの設定方法を示します。

dbmlsync -e "sch=WEEKDAY@8:00am,SUN@9:00pm"

次の SQL 文は、このオプションのデータベースへの格納方法を示します。

CREATE SYNCHRONIZATION SUBSCRIPTION
   TO sales_publication
   FOR ml_user1
   OPTION sch='WEEKDAY@8:00am,SUN@9:00pm';