Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クライアント管理 » Mobile Link 用 SQL Anywhere クライアント » Mobile Link SQL Anywhere クライアントの拡張オプション

 

TableOrder (tor) 拡張オプション

アップロードでのテーブルの順序を指定します。

構文
tor=tables; ...
tables = table-name [,table-name], ...
備考

このオプションを使用すると、アップロードされるリモート・データベースのテーブルの順序を指定できます。tables はカンマで区切ったリストで指定します。アップロードされるすべてのテーブルを指定する必要があります。同期に含まれていないテーブルを指定すると、そのテーブルは無視されます。

指定するテーブルの順序は、参照整合性を保つようにします。つまり、Table1 が Table2 を外部キー参照する場合、Table2 は Table1 の前にアップロードする必要があります。適切な順序でテーブルを指定しないと、次の 2 つの場合を除いてエラーが発生します。

  • TableOrderChecking=OFF を設定した場合。

  • テーブルが環状外部キーに関連付けられている場合(この場合、ルールを満たす順序はないので、循環されるテーブルはどんな順序でもアップロードできます)

TableOrder を指定しないと、dbmlsync は、参照整合性を満たす順序を選択します。

ダウンロードのテーブルの順序は、アップロードと同じです。アップロード・テーブルの順序の制御により、サーバ側のスクリプトを簡単に記述することができます。特に、リモート・データベースと統合データベースの外部キー制約が異なる場合に効果を発揮します。

このオプションを使用しなければならないケースはありません。このパラメータは、特定の順序でテーブルをアップロードするユーザのために提供されています。

このオプションには省略形と長形式があり、tor または TableOrder を使用できます。

拡張オプションのデータベースへの格納もできます。dbmlsync 拡張オプションの詳細については、dbmlsync 拡張オプションの概要を参照してください。

参照

次の dbmlsync コマンド・ラインは、dbmlsync を使用するときのこのオプションの設定方法を示します。

dbmlsync -e "tor=admin,parent,child"

次の SQL 文は、このオプションのデータベースへの格納方法を示します。

CREATE SYNCHRONIZATION SUBSCRIPTION
   TO sales_publication
   FOR ml_user1
   OPTION tor='admin,parent,child';