Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クライアント管理 » Mobile Link 用 SQL Anywhere クライアント » SQL Anywhere クライアント

 

同期のスケジュール

定義した規則に基づいて定期的に同期を実行するよう dbmlsync を設定できます。dbmlsync を設定する方法は 2 つあります。

  • 特定の時刻や曜日、または定期的に同期を開始するには、dbmlsync 拡張オプションの SCHEDULE を使用します。この場合、ユーザが停止するまで dbmlsync は実行を続けます。

    dbmlsync オプションを使用したスケジュールの設定を参照してください。

  • 定義した論理に基づいて同期を開始するには、dbmlsync イベント・フックを使用します。この方法は、不定期またはイベントの応答として同期を起動する場合に適しています。この場合、指定したフック・コードによって dbmlsync を自動的に停止できます。

    イベント・フックを使用した同期の開始を参照してください。

停止

スケジュール・オプションやフックを指定すると、dbmlsync は停止モードになります。停止とは、ログのスキャンに使用される時間を少なくする機能です。停止を実行してパフォーマンスを向上させるには、dbmlsync 拡張オプション HoverRescanThreshold を設定するか、dbmlsync ストアド・プロシージャ sp_hook_dbmlsync_log_rescan を使用します。

詳細については、次の項を参照してください。


dbmlsync オプションを使用したスケジュールの設定
イベント・フックを使用した同期の開始