Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クライアント管理 » Mobile Link 用 SQL Anywhere クライアント » SQL Anywhere クライアントのイベント・フック

 

sp_hook_dbmlsync_download_table_begin

このストアド・プロシージャを使用して、各テーブルがダウンロードされる直前にカスタム・アクションを追加します。

#hook_dict テーブルのロー

名前

説明

table name (in)

テーブル名

操作が適用される予定のテーブル。

publication_n (in)

パブリケーション名

同期されているパブリケーション (n は整数)。アップロードされるパブリケーションごとに 1 つの publication_n エントリがあります。n の番号は 0 から始まります。

MobiLink user (in)

Mobile Link ユーザ名

同期対象となる Mobile Link ユーザ。

script version (in)

スクリプト・バージョン名

同期に使用される Mobile Link スクリプト・バージョン。

備考

この名前のプロシージャが存在する場合、ダウンロードされた操作がテーブルに適用される直前にテーブルごとに呼び出されます。ダウンロードがコミットまたはロールバックされると、このプロシージャのアクションがコミットまたはロールバックされます。

参照

次のテーブルを使用して、リモート・データベース上の同期イベントのログを取るとします。

CREATE TABLE SyncLog
(
 "event_id"          INTEGER NOT NULL DEFAULT AUTOINCREMENT ,
   "event_name"       VARCHAR(128) NOT NULL ,
   "ml_user"            VARCHAR(128) NULL ,
   "event_time"         TIMESTAMP NULL,
   "table_name"         VARCHAR(128) NULL ,
   "upsert_count"       VARCHAR(128) NULL ,
   "delete_count"       VARCHAR(128) NULL ,
   "exit_code"          INTEGER NULL ,
   "status_retval"      VARCHAR(128) NULL ,
   "pubs"                VARCHAR(128) NULL ,
   "sync_descr "         VARCHAR(128) NULL , 
    PRIMARY KEY ("event_id"),
);

次に、テーブルがダウンロードされる直前に Mobile Link ユーザ、テーブル名、現在のタイムスタンプのログを取る例を示します。

CREATE PROCEDURE sp_hook_dbmlsync_download_table_begin()
BEGIN
    DECLARE tbl VARCHAR(255);

    -- load the table name from #hook_dict
  SELECT #hook_dict.value
   INTO tbl
   FROM #hook_dict
   WHERE #hook_dict.name = 'table name';

  INSERT INTO SyncLog (event_name, ml_user, table_name
    ,event_time)
   SELECT 'download_table_begin', #hook_dict.value, tbl
    ,CURRENT TIMESTAMP
   FROM #hook_dict
   WHERE name = 'MobiLink user' ; 
END;