Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クライアント管理 » Mobile Link 用 SQL Anywhere クライアント » SQL Anywhere クライアントのイベント・フック

 

sp_hook_dbmlsync_download_sql_error (旧式)

Mobile Link サーバによって送信されたダウンロードの適用中に発生したデータベース・エラーを処理します。

このフックは使用されなくなりました。イベント・フック・プロシージャ内でのエラーと警告の処理を参照してください。

#hook_dict テーブルのロー

名前

説明

table name (in)

テーブル名

エラーの発生時に操作中だったテーブル。dbmlsync がテーブルを識別できない場合、値は空の文字列になります。

continue (in|out)

true | false

エラーを無視して同期を継続するかどうかを示します。sp_hook_dbmlsync_download_fatal_sql_error フックを呼び出し、同期を停止するには、このパラメータを false に設定してください。このパラメータを true に設定すると、dbmlsync はエラーを無視し、同期を続行します。この結果、データが失われることがあります。

SQL error code (in)

SQL エラー・コード

操作が失敗した時にデータベースから返される SQL エラー・コードを識別します。

publication_n (in)

パブリケーション名

同期されているパブリケーション (n は整数)。アップロードされるパブリケーションごとに 1 つの publication_n エントリがあります。n の番号は 0 から始まります。

MobiLink user (in)

Mobile Link ユーザ名

同期対象となる Mobile Link ユーザ。

script version (in)

スクリプト・バージョン名

同期に使用される Mobile Link スクリプト・バージョン。

備考

この名前のプロシージャが存在する場合、同期のダウンロード・フェーズ中にデータベース・エラーが検出されたときに呼び出されます。このプロシージャは、エラーを無視して同期を継続できる場合にのみ呼び出されます。致命的なエラーの場合は、sp_hook_dbmlsync_download_fatal_SQL_error プロシージャが呼び出されます。

警告

continue を True に設定すると、dbmlsync はデータベース・エラーを無視し、同期を続行します。失敗した操作をもう一度実行することはありません。このため、ダウンロードの一部またはすべてが失われることがあります。失われるデータの量は、発生したエラーの種類、発生したタイミング、リカバリするためにフックが使用される段階によって異なります。どのデータが失われるかを予測するのは非常に困難であるため、この機能を使用するときは最大限の注意を払ってください。ほとんどの場合、SQL エラーが発生した後は、処理を続行しないようにしてください。

ダウンロードがコミットまたはロールバックされると、このプロシージャのアクションがコミットまたはロールバックされます。

参照