Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クライアント管理 » Mobile Link 用 SQL Anywhere クライアント » SQL Anywhere クライアントのイベント・フック

 

sp_hook_dbmlsync_set_upload_end_progress

このストアド・プロシージャは、スクリプト化されたアップロード・サブスクリプションが同期されるときの終了進行状況を定義するために使用されます。このプロシージャが呼び出されるのは、スクリプト化されたアップロード・パブリケーションの同期中だけです。

#hook_dict テーブルのロー

名前

説明

generating download exclusion list (in)

TRUE | FALSE

同期中にアップロードが送信されない場合 (ダウンロード専用の同期や、ファイルベースのダウンロードが適用される場合など) は TRUE。この場合でもアップロード・スクリプトは呼び出され、生成した操作は、アップロードする必要があるローを変更するダウンロード操作の識別に使用します。このような操作が見つかると、ダウンロードは適用されません。

publication_n (in)

パブリケーション名

同期されているパブリケーション (n は整数)。アップロードされるパブリケーションごとに 1 つの publication_n エントリがあります。n の番号は 0 から始まります。

start progress as timestamp_n 進行状況 (タイムスタンプ) 同期中の各パブリケーションの開始進行状況がタイムスタンプで示されます。ここで、n は、パブリケーション名の識別に使用する整数と同じです。
start progress as bigint_n 進行状況 (bigint) 同期中の各パブリケーションの開始進行状況が bigint で示されます。ここで、n は、パブリケーション名の識別に使用する整数と同じです。
script version (n) スクリプト・バージョン名 同期に使用される Mobile Link スクリプト・バージョン。

MobiLink user (in)

Mobile Link ユーザ名

同期対象となる Mobile Link ユーザ。

end progress is bigint (in|out)

TRUE | FALSE

このローが TRUE に設定されている場合は、終了進行状況の値は、文字列 ('12345' など) として表される符号なし bigint であると見なされます。

このローが FALSE に設定されている場合は、終了進行状況の値は、文字列 ('1900/01/01 12:00:00.000' など) として表されるタイムスタンプであると見なされます。

デフォルト値は FALSE です。

end progress (in|out) タイムスタンプ

フックはこのローを変更して、アップロード・スクリプトに渡される "end progress as bigint" と "end progress as timestamp" の値を変更できます。これらの値は、生成中のアップロードにすべての操作が含まれているかどうかの境界となる時点を定義します。

このローの値は、"progress is bigint" ローの設定に応じて、符号なし bigint またはタイムスタンプのいずれかに設定できます。このローのデフォルト値は、現在のタイムスタンプです。

備考

スクリプト化されたアップロードの場合は、アップロード・プロシージャが呼び出されるたびに、開始進行状況と終了進行状況の値が渡されます。プロシージャは、これら 2 つの値で定義された期間に発生した適切な操作をすべて返す必要があります。開始進行状況値は、最後に成功した同期での終了進行状況値と同じです。ただし、今回初めて同期を行っている場合、開始進行状況値は "January 1, 1900, 00:00:00.000" になります。終了進行状況値は、デフォルトで、dbmlsync がアップロードを構築し始めた時間です。

このフックを使用すると、デフォルトの終了進行状況値を上書きできます。アップロードには短い時間を定義したり、タイムスタンプ以外の方法 (世代番号など) に基づいた、進行状況を追跡するスキームを実装することができます。

"end progress is bigint" が true に設定されている場合、終了進行状況は、1900-01-01 00:00:00 から 9999-12-31 23:59:59:9999 の間のミリ秒数 (255,611,203,259,999) 以下の整数でなければなりません。

参照